車を運転する方に必須

HOME > 自動車保険とは?

自動車保険って?

自動車に乗っている人のほとんどが加入している自動車保険。

自動車保険には自賠責保険と自動車保険の2種類があり、自賠責は強制加入で自動車は任意保険となっています。

自賠責保険は法律で加入を義務付けられているので自動車を所持する人全員が入らなくてはいけません。

自動車保険は強制じゃないので入らなくても方で罰せられたりする事はありません。ただ、自動車の運転は事故と隣り合わせなので、任意であったとしても加入しておくことをお勧めします。

自動車を運転する方の中には保険料を支払いたくないなどの理由で自動車保険に加入しない方もいますが、これは賢い選択ではありません。

確かに事故を起こさなければ、自動車保険の補償を受ける事がないので、毎月の保険料がバカらしく感じるでしょう。

「事故を起こさなければ良い話」という方もいますが、こう言う方に限って事故を起こしてしまい「保険に入っておけばよかった…」と後悔しています。

死亡事故を起こしてしまった時、自賠責保険に加入していれば保険金が支給されますが、これだけでは足りません。

その為、自動車保険に加入して自賠責の部分では足りない金額を補っていきます。

事故を起こさない安全運転が1番ではありますが、事故を起こさない保証はないので、任意保険にも加入する様にしましょう。

任意保険には対人賠償、対物賠償、人身傷害補償などがあるのですが、対人と対物に入っておけば問題はないでしょう。