割引率が変わります

HOME > 自動車保険の等級とは?

自動車保険の等級って何?

自動車保険に加入した事のある方であれば既に知っていると思いますが、自動車保険には「等級」というものが存在します。

簡単に言うと、自動車保険の等級とはその人の保険のレベルの様なもので割引率にかかわってきます。

等級は保険加入者の平等を目的として設定されています。

自動車保険は事故を起こした時に補償を得るために加入するわけですが、人によっては全く事故を起こさない人もいるでしょう。逆に年に数回事故を起こす様な方もいます。

この様に、事故を起こしても起こさなくても払わなければいけない自動車保険ですが、この保険金額が同じだったら不公平だと思いませんか。

事故を起こさない人は毎月の保険料ばかり払って補償をうけない、事故を起こす方は事故を起こさない方と同じ保険料にも関わらず補償を受ける事が出来る。

事故を起こさない人からしてみれば納得いきませんよね。

そこで、保険者の状況を考慮しながら全員平等な環境を作る為に等級が設定されたのです。等級は20等級まで用意されており、この等級に応じて毎月の保険料が変わってきます。

保険加入時は全員6等級から始まります。等級は1年ごとに変化するのですが7等級になると20%の割引、16等級ではなんと60%も割引がされます。

逆に事故を起こしてしまうと3等級になり保険料は30%高くなります。

毎年無事故でいればそれに従って毎月の保険料が安くなる仕組みが等級というワケですね。

日頃から安全運転を心掛けて無事故無違反を続けることが保険料を安くするポイントです。

また、ノーカウント事故と呼ばれる事故もあり、これらの事故を起こした時はマイナス評価がされず等級はそのままとなります。

ノーカウント事故については保険契約時にセールスマンに確認をするようにして下さい。