選び方で差が出ます

HOME > 自動車保険の見積もりとは?

自動車保険の見積もりはどうする?

前項で、自動車保険への加入を説明しました。

今でこそ、保険会社独自の料金設定がありますが、1998年までは毎月の保険料が同じになっていたので、どの保険会社を選んでも値段の部分では変わりがありませんでした。

しかし1998年以降に保険料の自由化が行われたことにより、保険会社の顧客獲得に競争が起こり各社で独自の金額が設定される様になりました。

また、これを機に保険に付随するサービスも独自のものとなり始めました。

保険会社にとってみれば、顧客獲得の為に料金を下げたり魅力的なサービスを加えるなどの工夫が必要になり生き残りが厳しくなりましたが、私たち消費者にとってみればこの変更は大きなプラスとなりました。

今までであれば適当に保険会社を選べば良かったわけですが、差が出てきたことにより、適当に保険会社を選んでしまうと損をするケースも出てくるわけです。

そこで、必要となったのが自動車保険の見積もり。

自動車保険の見積もりとは、各保険会社に保険料の見積もりを取る事です。持っている免許証の種類や車種、加入する保険の内容によって金額が異なってきます。

A社では毎月3000円必要なのがB社では2500円という事もあります。

ただ、値段的にはB社の方が良くても総合的なサービスで言えばA社の方が良いというパターンもあるので、値段を見て選ぶのではなく、総合的に保険を比較する必要があると言えるでしょう。

とはいっても、保険に付随するサービスはどこの会社もあまり差はないので、基本は値段の見積もりを取って安い保険会社と契約するのが良いと思われます。

自動車保険に加入する時は、必ず前もって見積もりを取る様にしましょう。